家族とスクールとテニス|将来の夢はテニス選手

家族とスクールとテニス|将来の夢はテニス選手

スクールとテニス

上の子がスクールで習い始めたのは、2年生の頃です。スクールに行く前から家族でできるスポーツを何かしたいと思い、公園でおもちゃのラケットとスポンジボールでテニスをして遊んでいました。それもあったのか、体験でテニススクールに行きましたがすぐにボールがラケットにあたって打つことができていました。

はじめての時はそれが楽しくて仕方がない様子ですぐに「習いたい!」と言ったので入会をしました。この時に親的にはもう少し他のスクールも見なくてもいいのかな?と実は思っていました。ただ、子供が即決したので家に帰りパパに相談をして習わすことに決めました。

習い事とテニス

体操クラブ?それともチアダンス?

何か体を動かすことをずっとさせたかったので、その中で1番目に体験をしたのが「テニス」でした。今思えば、こんなにすぐに楽しいと思うスポーツに出会えた子供たちは幸せだと思いました。

そして、習い事として週に1回テニスをするようになり、やっぱり家族でしていた時とは違いどんどん上達をしました。それまでは、家族でテニスをしてもラリーをする事なんてできなかったのに、スクールに入って3ヶ月ぐらいでなんとなく「テニス」というスポーツに形がなってきました。そうなってくると軟式テニスをしていた私も楽しくなってきて、休日は家族でコートを借りてテニスをする事が増えるようになりました。

目標とテニス

習いだしてから10ヶ月になった頃、この頃には週1回だったスクールも週2回は行くようになり、上の子はジュニアから強化ジュニアに入ることができるようになりました。ただ、まだ3年生なのでかなりの不安もありました。強化ジュニアのメンバーは中学生や高学年の子達ばかりで・・・・・。

3年生が加わって練習の邪魔にはならないのか?!
練習についていけなかったらどうしよう!

親的には色々と考えましたが、子供は「強化ジュニアに入りたい!」とただやる気だけで強化ジュニアに入ることになりました。強化ジュニアに入ると「試合」に出ることができるようになるのでとりあえず子供に「目標」ができるようになりました。

姉妹とテニス

上の子が強化ジュニアに入った頃、下の子は1年生になりました。上の子からのお願いで「自分は2年生からテニスをはじめたから、小学生になるまではテニスを習わせないで」となんだか妹にとてもライバル心があったのでその約束通り小学生になるまでは下の子に説明をしてテニススクールには行かせませんでした。

その分、上の子がスクールでテニスをしている間、私と横でポンポン打ったり、壁打ちをしたり下の子なりにテニスを楽しんでいました。そういう環境もスクールとしてかなり家族でお気に入りです。それもあるのか、1年生になりやっとテニスを習いだした時は下の子は嬉しくて嬉しくて仕方がない様子でした。姉はというと・・・・・。

テレビや周りの人から「妹の方が上手くなる」というのを聞いているみたいで「早くにテニスをはじめて欲しくない」という想いが強かったのですが、ただ、強化ジュニアに入ったことで、妹よりも上のクラスになれたので妹がスクールに入ることをあたたかく受け止めてくれました。

家族とテニス

この頃になると下の子もオレンジボールというボールならうまく返せる程度になってきました。なので、家族で休みの日にテニスに行くと簡単なゲーム形式をできるようになっていました。今思えばこの頃が家族でしていても楽しかったと思います。

今は「楽しい」というよりは試合前の特訓になってきているので、この振り返りをして思ったのはもっと家族でテニスを楽しもう!と思いました。

テニスを習わせたいと思っているなら

・公園で遊びながらテニスをしてみる
・体験に行かせてみる

とりあえず「テニス」に興味があるかどうかを確かめてみるのが一番だと思いました。

 

Enjoy tennis Blogカテゴリの最新記事