仕事とテニス|将来の夢はテニス選手

仕事とテニス|将来の夢はテニス選手

仕事とテニス

テニスを子供が習いだしたのは約1年半程前です。何かスポーツの習い事をさせたいとは思っていましたが、その時は下の子も幼稚園で更にPCインストラクターの仕事もしていたという状況で近場の習い事しかしていませんでした。

でも、PCインストラクターとは別にたまに依頼があればしていた在宅でのパソコンの仕事量が増えたこともあり、すごく悩みましたが思い切ってPCインストラクターを辞めてみることにしました。

辞めてみると時間ができたこともあったのと、少し遠くても送り迎えができるので気になっていた「テニスを習ってみる?」と子供に聞いてみると「やりたい!」とすぐに言われたので近くのテニススクールを探してみることにしました。スクール自体は3つ検討をしていたのですが子供が「ここがいい!」と言う一言で1つ目のスクールに決めました。

フリーランスとテニス

テニスとフリーランス(仕事)は関係あるのか?というところですが、いまのところ子供たちにテニスを続けさせるためにはフリーランスでないとなかなか難しいと思いました。特に、まだ小学生低学年の子供たちはスクールに行くのも送り迎えがいるし、夜練習するのにも一緒にしなければならない。もちろん、働きながらうまく子供のテニスに付き合っている保護者の方も沢山いるかと思います。ただ、送り迎えにどうしても一緒にとなるといまのところフリーランスで頑張るしかないと思っています。

フリーランスのメリット

フリーランスの良いところはとにかく「自由」です。特に私の仕事はとりあえずパソコン1台あれば仕事ができるので、家で仕事ができます。

1.時間・場所が自由

2.好きな仕事ができる

3.すればするほどお金になる

職場(打ち合わせ)に行かなくもいい日が殆どなので、子供が「警報」などで学校が急に休みになったとしても、職場にわざわざ連絡をして休まないといけないということもなく、行事についても好きな時間に仕事ができるので、子育てをしている私にとっては在宅での仕事はとても融通がきくので助かります。

フリーランスのデメリット

フリーランスはなんだか良さそうと思うかもしれませんが、良いことばかりではありません。

1.依頼がないとお金にならない

2.コミュニケーションが必要

3.納期に間に合うように仕事を調節しないといけない

まずは、お金です。あたりまえなのですが、仕事の依頼がなければお金になりません。今お仕事をしている方とのコミュニケーションを大切にして、少しでもお仕事を頼んで貰えるような提案を心がけています。そうでなければ全く収入がない月もあります。そして「納期」です。やっぱりお金を頂いてしている以上は必要な時にできないといけません。なので、無理な仕事は断ることもあったり、夜中毎日作業が続く日もあったりとそんな時は「働きに行く方が楽かな?!」とよく思います。

夏休みのテニスと仕事

フリーランスで助かったと思ったのは夏休みでした。

ある夏休みの私の1日です。
週に2回はこんな感じで、後の週5日についてはスクールのレッスンが17:00~だけでしたが15:00ぐらいから壁打ちをして、自主練をしていました。

6:30 子供たち公園にラジオ体操へ

7:00 公園でテニスの自主練

8:00 朝ご飯、家事

9:00 仕事(子供たちは夏休みの宿題と自由時間)

12:00 昼ごはん

13:00 テニススクールでのレッスン

16:00 晩ご飯の準備

17:00 別のテニススクールでのレッスン

19:00 晩ご飯

20:00 家事(子供たちはテニスノートを記入)

21:00 パパの晩ご飯(子供たちは就寝)

22:00 明日の仕事の準備又は納期がある時は仕事

仕事の依頼が多い週は寝る時間は違ってきましたが、テニススクールへの送り迎えや下の子の付き添いなどでほぼ昼間は動けない日が多かったように思います。なので、働きに行っていたら低学年の間は送り迎えがどうしても必要なので、こんなにも沢山テニスをさせてあげる機会はなかったと思います。

ただ、昼間かなり動いていたのでパソコンの画面を見ながら知らない間に疲れて寝てしまうということが沢山ありました。来年からは夏休みの仕事量は調節しようと思いました。

仕事と子育ての両立はとても大変

仕事と子育て両立は大変です。だけど、パソコンの仕事は私の趣味でもあり、これがなくなるとストレスがたまってしまいます。なので、できる限り仕事をしながら子供たちの『夢』の手助けをしたいと思いました。

 

Enjoy tennis Blogカテゴリの最新記事