Enjoy tennis Blog「ワールドカップの『時間稼ぎ』批判されているけども・・・・」

Enjoy tennis Blog「ワールドカップの『時間稼ぎ』批判されているけども・・・・」

ワールドカップの時間稼ぎはどうなんだろう?テニスだったらどうなのか考えてみました

サッカーあまり詳しくありません。でも毎日、テレビでしているのでたまーに見ています。昨日も見てました。
昨日の問題の「時間稼ぎ」は要するに守りに入ったわけですが・・・・・。どうなんだろう?!
攻めた方が良かったのか?それともこれでよかったのか!



私はこれでよかった!ではないかな?と思います

というのもサッカーではよく分かりません。もしかしたら、ここはスポーツマンとして攻めた方が良かったのかもしれない!
でも、テニスに置換えてみると・・・・確かにブーイングされてますが「感情」で行動するよりは「頭」を使う方が賢いからです。
テニスはサッカーと違いチームプレーのスポーツではシングルではありません。だから自分が考えたことをするのが「正解」です。

私がテニスをしていて勝ちにこだわるなら守りにはいるかも?!

例えば、テニスの予選でこのゲームをとったら本戦にいけるかもしれないという時にいいボールが打てない。そんな時は相手がミスをするようなボールを打ちます。ネットギリギリのボール、打ちにくそうなボール・・・・。サッカーの「時間稼ぎ」とは全く違いますが、これは「頭」を使っての行動です。だったら、サッカーも次につなぐことができたのなら次に期待をしていいのでは?!と思います。

守りに入って次の試合では思う存分プレーを

今回のサッカーもですが次につなぐことができたのなら次の試合が問題です。ここで勝てばきっと「結果オーライ」だし、自分たちのプレーができればそれでいいと思います。だって「感情」で動いてもし負けていたらなかった試合なのだから、最高のプレーを目指せばいいし、そして勝てばみんなの見方も変わるかと思います。ぜんぜん、サッカーできないのでなんとも言えない意見ですが・・・・。自分の子供が次の試合に出れるチャンスがあるなら「守り」を勧めそうな気がします。

でも、これはきっと人の考え方によって違うのかな?と思います。

Enjoy tennis Blogカテゴリの最新記事