Enjoy tennis Blog「子供のやる気を出すには?親にできることを考えてみました」

Enjoy tennis Blog「子供のやる気を出すには?親にできることを考えてみました」

今悩んでいることは子供にやる気を出す方法!親が言ってもやらない時どうしたらいいのかを考えていました!

 

かなり悩んでいることは子供の「やる気」の出し方です。よく本などを見ると「褒める」という言葉をみます。でも、実際の子育ては褒めることもしますが、怒ることの方が多いように思います。親が「○○しなさい!」というと子供に良くないと本に書いてあるのをみるのですが、でもやっぱりできていないことがあれば「○○しなさい!」と言ってしまいます。

子供がやる気がない時はどうしたらいいんだろう?

やる気がないというか、上手く行かないときにそこを「練習すればいいのに」と思うのですが、苦手なことや上手く行かない時はそれを避けてしまいます。なので、上達がしません。子供の性格にもよるのかもしれないのですが、そこで親的には「ここができないから練習する」と自分から言って貰えるような子になって欲しい!と思うのですがその「やる気」がないので、上手く行きません。

まだまだ小学生はテニスの練習よりも遊びたい

すべての子供がそうなのかと言われるとそうではないのかもしれません。もしかすると、私が知っている中ではいないだけで自分から「練習をする」と決めて毎日練習をしている子やできないことがあれば進んで取り組んでいる子もいるかもしれないのですが・・・・・。私が知っている小学生の低学年でなかなかそれができているような子を今のところ知りません。逆にそういう子の親にどうしたらそうなるのか教えて欲しい!と思います。テニスは好きだけど、練習はあまり好きでない。今、そんな状況です。

ついつい怒ってしまうので、余計にやる気がなくなる様子

スクールに行った後に「今日ここができてなかったから、自宅で素振りをしてみたら?」というと1日はするのですが、絶対に持続しません。親としては覚えている内にしてほしいと思ってもなかなか上手くいきません。そこで怒ってしまいます。「毎日しなさい!」と!でも、そうなってくると楽しそうにテニスをしたり、トレーニングしていた頃に比べてやる気がなくなる様子に見えます。やっぱり怒るのは子供の「やる気」がなくなるのかな?と思いました。

できてない事は「怒る」でも、できたことは「褒める」そして、やる気がない時は「楽しく」

本には「怒らないように」と書いてあることが多いですが、やっぱりできていないことはしっかりと怒りたいのと思います。でないと、やっぱり子供も怒られないと分からない事があるのではないか?と私は思うからです。でもこれからはできたことに対して「褒める」事はもっともっとしてあげたいと思っています。これは実はあまりできていないかも?とかなり反省します。特に、子供が上達してくると「できて当たり前」なのと年齢が上がるにつれて求めているハードルも上がるので、褒めることが少なくなったように思います。なのでこれからは「褒める」事を大切にしたいと思います。そして、やる気がないときついついこちらも怒ってしまいますが、怒るのではなく「説明」をして、それでもやる気がない時は「楽しくできる方法」を考えたいと思いました。

Enjoy tennis Blogカテゴリの最新記事